史上初!嵐が4度目の日本ゴールドディスク大賞受賞!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」受賞

gd2016

嵐が史上初となる4度目のゴールドディスク対象を受賞するという快挙を成し遂げました。

この賞は2年連続の受賞となり、累計4度目というのは史上初、過去最多の受賞回数であります。

この賞は、1年間にCD、音楽ビデオ、音楽配信の正味売上金額が最も多いアーティストに贈られるものであり、嵐の不動の人気の凄さを物語るものです。

その他にも
アルバム「Japonism」で

「アルバム・オブ・ザ・イヤー」
「ベスト5アルバム」

の邦楽部門を受賞。

「ARASHI BLAST in Hawaii」
「ARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITALIAN」
で、それぞれ

「ベスト・ミュージック・ビデオ」

の邦楽部門を受賞し、

5冠という誰も真似できないであろう快挙を成し遂げたのです。

嵐メンバーからのコメントは以下です。

「デビュー15周年を経て、8年振りの宮城公演や原点回帰をテーマに14枚目のオリジナルアルバム『Japonism』をリリースした2015年を、アーティスト・オブ・ザ・イヤーの受賞で締めくくることができとても光栄です」

「受賞の喜びと心からの感謝の気持ちを、いつも僕たちを応援してくださっているファンの皆さまにお伝えしたいと思います」

とコメントしています。

嵐の楽曲の魅力

嵐の楽曲については、他のグループとは異なりキャッチーな楽曲に恵まれているとも思います。

どことなく懐かしさを感じたり、哀愁漂う感じを与えられたり、耳に残る良いメロディーの曲が多いのが特徴だと感じます。

また、メンバーの役割も楽曲にも表れており、メンバー本人たちの意識的にも高いものがファンにも伝わっているのだと思います。

中でも群を抜いているのがリーダー大野くんのセンスだとも思います。

しゃべりでは、目立つキャラではないものの楽曲のイメージに関しては彼の声があってこと良いカラーがが出ているような気がします。

新曲「復活♡LOVE」もメディアを通じて良く耳にします。

復活LOVE【初回限定盤】(DVD付)

嵐の人気は2016年度も衰えることなく、また今年も輝かしい賞を受賞することを期待しています!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。