「嵐」Japonismツアーは演出の驚き!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

嵐の魅力は5人の仲の良さ!

仲良し嵐

嵐の良さはなんといっても、5人の仲の良さです。

嵐を見ているだけで、ほのぼのするし、辛いことがあっても忘れられます。

特に嵐が良いと実感できるのは、コンサート。

コンサートのチケットは倍率も高く、プレミアムチケットと言われるくらい、入手するのは大変だけど、苦労して取って行けたコンサートは本当に感動します。

目の前に本物の嵐がいる!!嵐って本当にいるんだ!ってとても幸せな時間を過ごすことができます。

それに嵐は歌もうまいし、ダンスもキレキレだし、演出には凝っているし、どの席でも楽しめるように工夫されているから、最高です。

Japonismの演出は驚きの連続!

嵐-Japonism

前回のコンサート、Japonismの演出は本当に凄かったです。

5人それぞれのソロでは、みんな何かに挑戦していて、感動しました。

相葉ちゃんと松潤は命がけと言ってもいいくらい、体を張っていて、惹きつけられました。

ニノのソロはタップダンスと音楽ゲームを合わせたような演出で、ニノの可愛さとタップのかっこよさが融合された素晴らしいパフォーマンスだったと思います。

大ちゃんのマスクという演出は、どうやってやっているの??
とびっくりしちゃいました。

そして翔くんのソロはドラムのパフォーマンス。

これには涙が出ました。あそこまでの完成度に持っていくためには、並大抵の練習量では出来ないと思います。

たくさんたくさん練習したんだろうなと思ったら、本当にコンサートに来れてよかったなぁと思いました。

Japonismでは5人の努力が見えました!

嵐-Japonism

5人ともテレビなどでは、明るくおちゃらけていたりするけれども、みんな陰ながら努力して、工夫を凝らして、ファンの人にどれだけ楽しんでもらえるかということを考えているから、ここまでたくさんの人を惹きつけるんだろうと思います。

またJaponismでは、ペンライトが席の場所によって制御されていたので、会場全体の一体感もあったりして、本当に綺麗でした。

このペンライトの演出も、席が例え悪くても楽しめるように工夫されていることの一つだと思います。

特に上の方、後ろの方の人たちは、ペンライトの制御が分かりやすいし、自然と視界に入るので、余計素敵に見えたのではないかとおもいます。

またJaponismは原点回帰をテーマに掲げており、少年隊の日本よいとこ摩訶不思議をカバーしていて、ニノ、相葉ちゃん、大ちゃんはバック転にも挑戦していて、かっこいいなって思いました。

毎公演バック転をすることは、体力的にもファンとしては心配になってしまったけど、最後まで怪我なくツアーをやりきっていて本当にすごいなぁと思いました。

DVDの発売が待ち遠しいです。

早くあのすごい演出を見直したいと思います。

今年は9年ぶりにアリーナツアーもあったり、6月には恒例行事となりつつあるワクワク学校、例年通りなら下半期にはドームツアーがあります。

チケット争奪戦になることは間違いありませんが、是非ともチケットを当てて、生の嵐に会いたいと切実に思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。