大野智は“年下男子キラー”!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

嵐リーダー大野智は年下男子キラー!?

大野智

大野智と言えば、嵐のリーダーである。 ほんわか、のほほん、としているのに、歌、ダンス、演技をさせたら右に出るものはいないし、おまけに個展を開催するほど絵画やフィギュアづくりの才能も長けている。

主張しないのに存在感はあると言う不思議な人物だ。

今年の春からは、「世界一難しい恋」で初の社長役、ラブコメディーに挑戦するなど嵐17年目にしてその活躍も目覚ましい。

捉えどころのない性格に、翻弄されいつしかファンになっている…という女性も多いが実は、男性のしかも年下に熱狂的なファンが数多く居るのだ。

関ジャニ∞横山裕も大野智に感嘆!?

横山裕

関ジャニ∞横山裕も自身のラジオで

「大ちゃん嫌い言うやつ絶対おらんやろ」

と発言していたように、大野智の周りには“敵”や“妬み”という感情が纏わりつかない。

中途半端な上手さは鼻につく、というが大野の才能は中途半端に見えるのではなく、目標や崇高に摩り替るのだろう。

年上は大野智の才能を認めざるを得なく、年下は大野智に姿に感嘆する。

大野智に“落ちた”年下の代表、と言えばもっとも有名なのがHey!Say!JUMPの知念侑李だ。

彼の大野智担歴はジャニーズに入る以前から。

「NIN×NIN忍者ハットリくん THE MOVIE」に出演する前、アイドル雑誌初登場、誰の目にもまだ留まらない時から尊敬する先輩に“大野智”を上げていた。

その熱っぷりは凄まじく、嵐のCD、DVDは勿論聞き込み体内に取り込んでいる。

嵐が今現在の様に国民的スターになる以前の頃から好きでいた為、Hey!Say!JUMPがデビューの際出演した「堂本兄弟」にて尊敬する人を“大野智”と答え、堂本剛からは「不思議な感性をしているね」という言葉を貰った。

嵐の番組でカラオケ館を“アラオケ館”に変え撮影を行った際には、その放送後同じメンバーの岡本圭人に「アラオケ行こう!アラオケ!」と何度も誘ったと言う。

そんな、嵐ファンと全く思考を同じにしている知念だが、2015年、カウントダウンコンサートで6年ぶりに嵐が参加した際にはHey!Say!JUMPは大阪で単独カウントダウンコンサートを開催。

自グループとしては光栄な出来事も、知念の大野に対する気持ちだけで言えば、心残りとなる結果になってしまった。

年の瀬に「大野君に会いたい―!」と叫んだ知念の想いを何とか成就させたいと、双方のファンが思った事であろう。

後輩ジャニーズの中で大野智のファン続出!

林翔太

ここ最近は大野ファンが続々と現れているのである。

まずは、They武道の林翔太。

They武道は嵐のバックに10年以上付いている。長い間大野智を見つめている、と言えば知念と同様古株だろう。

大野智の誕生日にプレゼントを直接渡したり、大野智への想いを会員制有料サイトブログ・ジャニーズウェブに綴ったりと、その温度は知念、または大野智ファンと引けを取らない。

They武道がシアタークリエで単独公演を行った際、大野智が観劇に来た事は、日頃の林翔太の想いという一因があったのかもしれない。

そして、次に若手の中ではジャニーズジュニアの高橋颯。

ジャニーズに所属する以前から大野智が好き、という知念との共通点があるが、雑誌で大野智に向けて愛の告白を行うなどの暴挙に出ている。

また、上記3人の様に熱い想いを外に吐いているわけではないが、ひしひしと大野智を尊敬していることが伝わる後輩、それがNEWS加藤シゲアキだ。

共通の友人を介して釣りに出かけたことをきっかけに、釣り仲間、として交流を深めている。

24時間以上一緒に居ることもあるなか、加藤の悩みを聞き相談に乗ることも。

今や小説家として名を馳せている加藤シゲアキも、芸能活動に行き詰った際、アイドルなのに個展を開催する大野智、をきっかけに自分も出来ること、小説を書いてみようと思い立ったという。

才能に恋をする、というのであれば加藤シゲアキが一番ではないだろうか。

ジャニーズ以外の男子も大野智の虜に

菅田将暉

また、その才能に惚れているのはジャニーズの後輩だけではない。

若手俳優の菅田将暉だ。 ドラマ「死神くん」で共演した二人。

菅田は絵を描きそしてダンスも踊れる。

自身が取り組んでいる分野だからこそ、大野が持っている表現の力を図り知る事が出来るのだ。

そして雑誌にて、色んなことがスマートに行える最高峰に嵐の大野智を上げている。

このように一方的、または双方の交流はあるが、最近大野智を取り巻く後輩事情にて“おや?”と思う変化があった。

大野からの接触

松島聡

そのターゲットは、Sexy Zone松島聡。

これまでは、かねてからファンであったり、共演したり、遊び友達として交流したりとなにかと、接点があったが松島に関しての接点はあまり見当たらない。

歌番組で共演していたことはあるが、遊んだ、バックに就いた、というエピソードが披露されたことは無い。

しかし、2016年初めの会員制有料サイトブログ・ジャニーズウェブの松島のブログに2015年に行われたジャニーズファミリーが集結するカウントダウンコンサートの模様が綴ってあった。

その中に”大野智”の文字があったのだ。

それも、「今度ご飯に行こうね」と、大野自らが話しかけ、誘ってくれたと言う。

その行動に松島は驚き感嘆の声をブログへと反映していた。

また大野ファンからは、あまり見受けられない大野の行動に“どうしたの!?”

と心境の変化に驚きを隠せない声も多数あった。

ここでもまた一人、大野の気まぐれか確信かの行動で一人の後輩を大野智の虜にしたに違いない。

色々な後輩がその大野の魅力に取りつかれているが、少し風変わりな取りつき方をしている者も居る。

「歌のおにいさん」で共演した関ジャニ∞の丸山隆平だ。

同じ誕生日の二人、何かと気の合う所が多いのか、はたまた丸山の突拍子もない性格に大野が付き合わざるを得ないのか。

しかし、大野は自分の誕生日になると「あ、今日は丸も誕生日なんだな」と意識すると言う。

お互い誕生日プレゼントを交換する仲であるが、大野が怒る唯一の後輩とも言える。

歌のおにいさん、で大野智がミュージックステーションに出演した際、劇中の格好で大野、丸山が前番宣の数分出演したのだが、その時、時間があまりないにも関わらず前へ前へ出る丸山に対して、大野がとった行動は、丸山の顔面を抑えて後ろにひっこめさせるという何とも普段穏やかな大野らしくない事だったのだ。

良く言えば見守る悪く言えば放っておく大野が、自分から“これはダメだ!”と思い行動を起こさせた丸山隆平、という存在は大野智を見守るモノにとっては新たな一石を投じたことだろう。

関ジャニ∞の大倉忠義も大野に取りつく一人

大倉忠義

また同じ関ジャニ∞の大倉忠義もまた大野に取りつく一人なのだが、大倉に関しては大野自ら避けているという。

おそらくそのきっかけは、ドラマの打ち上げに大倉が参加し、泥酔した時大野の肩を組みながら朝まで飲み明かした事。

相当絡まれたのか、それ以降大倉の飲みの誘いにもあまり乗らず、奥の手として自分が居ることを内緒にして丸山に呼び出して貰うという行動に出た。

大倉の顔を見た大野は「ハッ・・」と一気に脱力したと言う。

これらのエピソードをお互い笑って話せるのだから、大倉の事は邪険に扱っても許される存在、と大野の中で浸透しているのだろう。

同年代に近い後輩関ジャニ∞も大野の事を慕っているが、その関西の後輩ジャニーズWESTも着々と大野愛を深めている。

ジャニーズWEST結成前、まだ関西ジャニーズジュニアだった桐山照史は「鍵のかかった部屋」で共演、またこの4月に始まる「世界一難しい恋」では小瀧望が共演している。

「ラッキィィィィィィィ7」のコンサート内MCにて、大野との共演時のエピソードについて語っているが、「スタッフさんから声を掛けられても、別の方向へと行く」と両者とも上げ、大野のほわっとした捉えどころ無い性格に翻弄され、また興味をもっていることが伺えた。

尊敬する人物、ご飯を一緒に食べたエピソードなどに大野の名前が登場するのも近いだろう。

嵐のメンバーは!?

嵐

さて、数々大野智の虜になった“年下の男”を書き連ねてきたが、この男、いやこの男たちを忘れてはならない。

櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤。

この4人を差し置いて大野智好きだと言える年下が居るだろうか。

櫻井翔は何かと大野の言動に、温かいまなざしを向け「あなたしゃべりなさいよ」や「なにしてんだよ」と促したりツッコんだり、常にフォローをしている、その上で「嵐の中でリーダーはやっぱり大野智」と言うのだ。

それに櫻井の機嫌を取りたかったら「大野智の褒め言葉を言え」とスタッフに言われる程。才能の前に人はひれ伏す、という現場を櫻井は何度も見たのかもしれない。

相葉雅紀は大野と同様ほんわかとした印象の持ち主。

それが故、同じ感情を共有することが多い。大野自身も一緒に居て楽だと言う。

10周年ツアーの最中、ホテルの部屋で二人「オレ嵐の為だったらなんでも出来るよ」と泣き語り合ったエピソードは聞いている者までその状況を思いじんわり涙を浮かべた。

松本潤は、よく大野に“当たる”場面を見かける。それは言葉で「リーダー何してんだよ」だったり物理的に当たりに行くこともある。

松本からの触れ合いが多い。口調が厳しめで、聞いていて、少し引いてしまうことがあるかもしれないがよく見ていて欲しい。

大野も同じくらいの口調で言い返しているのだ。特に顕著に表れるのがバラエティ番組「VS嵐」にて、ゲームが佳境に入ると現れる「ヒリ潤」という自らを追い込んでゲームを盛り上げようとする松本。

その対抗馬に大野が良く吠えている。

同番組で二人のやり合うシーンはいくつも見られるだろう。お互い何を言っても許される、という甘えの関係が良く表れていると感じる。

そして最後、全ての大野智ファンを差し置いて隣を死守する男、二宮和也だ。

二宮と大野が仲が良い、と言われ隣に居るのは良く見られるが、その引っ付き具合はジュニア時代にまで遡る。

お互い電話で話しこんだりしていて、櫻井も「ずっと前からそんな距離感だったんだ!?」と驚いたほど。

嵐に結成しても同様。

手を握る、肩を組む、お尻を触る、日常的なボディタッチは異様な数過ぎて、段々とその非日常感が薄まっていく。

コンサートでは「大宮SK」というユニットを組み、楽曲を披露してるが、ただ歌い踊るだけではない。

何故かキスまで披露している。 芸能界の中で一番ではないかと言われる大野智ファンの知念でさえ、“生まれ変わったら誰になりたい?”

という雑誌の質問に

「二宮君になって大野君の事をずっと眺めて居たい」

と答えるほど。

お分かり頂けるだろうか。大野ファンにとって、二宮和也は常に大野智の隣に居る、のが常識という事を。

二人が一緒に居ることはもう風景になっているのである。

それを知らずと刷り込まれている、また刷り込んでいる二宮和也、という人物は、最高峰の大野智ファンである。

そして、これほどまでに才ある人間が大野の名前を上げているがこれといって大して意識していない様に思える大野。 

そこがまた、物言う大人には無い魅力を年下の男たちは感じているのかもしれない。

個展第二弾も終了し、新たな作品が望まれる中、着々と大野智の虜になる男子は増え続けるであろう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。