蜜月!?櫻井翔と松本潤の復活LOVE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

仲の良さが魅力の「嵐」!

嵐は仲が良い

嵐のイメージと言えば、格好良い、近所のお兄さん、穏やか、優しい、そしてメンバー同士仲が良いと言うのが主でしょう。

特に最後記述のメンバー同士仲が良い、というのは嵐のどの番組を見ても笑顔で収録を行っていることから、ファンでない方もそう感じることが多いです。

嵐の皆さん仲が良いから全員のファン!

なんて人も少なくないはず。

しかし、そんな仲の良い5人ですが、実はほんの少しだけ距離を取っている2人がいるのです。

その2人とは…メンバ―の中で2番目に年上な櫻井翔さんと末っ子松本潤さん。

下の名前をまとめて“翔潤”と呼ばれたり、またドラマで”バンビ”という名の役を演じたと事から”バンビズ”と呼ばれることも。

勿論二人の間にギスギスとした関係があるわけではありません。

仲が良いということが前提です。ただともすれば先日放送された櫻井翔さんが司会の「櫻井・有吉アブナイ夜会」にて松本潤さんがゲストに来た際、司会の有吉さんに「二人仲悪いの!?」と突っ込まれてしまうことも。

見る人が見れば、嵐さんの中での二人の微妙な距離、と言うものがわかるのでしょう。

仲の良さをどのような尺度で測るか、その定義は曖昧ですが、手を繋いだり、肩を組んだり、あるいはキスも!

勿論、キスはテレビ番組やライブなどでのパフォーマンスですが、ですがそれでもボディータッチが多いのは確かです。

櫻井翔と松本潤の程よい距離感!?

櫻井翔と松本潤

しかし、それらの接触を一切行わない二人が櫻井翔さん松本潤さんなのです。

櫻井翔さん、松本潤さんがそれぞれ誰とも手を繋いだり、肩を組んだりしない、というのではありません。

二人とも他のメンバーさんとはどちらも自然に行います。

櫻井翔さん、松本潤さん、”2人の間では”それらが行われないのです。

隣に並ぶときでさえ、他のメンバーより微妙に距離を取ります。

つまり二人が接触しているのはまさに希少価値。

もし見れる可能性があるのはVS嵐にてゲームを行った後のハイタッチです。

二人が触れあう事が貴重だと知っているファンの方はその接触を目を凝らして探していることでしょう。

過去に発売した雑誌が話題に!?

櫻井翔と松本潤

2014年発売のananで松本潤さんの肩に櫻井翔さんが腕を回してもたれ掛かり、超接近した二人という美しいページが掲載され、ファンの中で話題になりました。

一方で、テレビ誌の取材で、嵐総当たりコンビ撮影という企画では櫻井翔さんの後ろから松本潤さんが抱きしめる、という構図の写真がありましたが、抱きしめつつも少し距離を取るという非常に高度な体制を披露していました。

お二人の距離の取り方は仲が悪い、というよりも”照れくさい”という印象を受けます。

現在では接触の少なくなった二人ですが、ジュニア時代、そして嵐デビュー当時は超がつくほどのくっつきぶりを披露していました。

主に松本潤さんが櫻井翔さんに「翔くん翔くん!」とついて周る様子が、当時のテレビでコンサートビデオ、ラジオに記録されています。

嵐さんのファンの中で一番有名なのが2000年に発売されたコンサートビデオ「スッピンアラシ」のドキュメンタリー部分にて。

松本潤さんは櫻井翔さんが近くにいるのを確認しつつ、カメラに向かって「翔くんはあげない。ほんとごめんなさい僕の翔くんっていうことで。ファンの人は僕がいること承知してファンになって」という発言をしています。

仲が良い、ということのリップサービスと思いきやこの当時二人は仕事プライベートを良く共にしています。お互いの家に行き来したり、松本潤さんの中学校卒業式の日、松本潤さんのお宅で櫻井翔さんが見送り、そして迎える、というお泊りのエピソードも。

それに、高校進学を迷っていた松本潤さんに櫻井翔さんが「高校は行っておいた方がいい」とアドバイスされたり、勉強を教えたりと青春の大部分を櫻井翔さんと松本潤さんは共にしています。

つまり、友達、親友、という時間を経て家族、兄弟の様な強いつながりを持ってしまったのではないか、と思われるのです。

大人になるにつれて変化が!?

櫻井翔と松本潤

10代を終え20代に突入した二人は、徐々に距離をとっていきます。

大人になるにつれ、単純にそれぞれ仕事量が増えたこともあると思いますが、プライベートで遊ぶなどというエピソードも少なくなっていきました。

また、櫻井翔さんはキャスター業を松本潤さんはドラマ映画の俳優業に、コンサート総演出という仕事が増えます。

表だって接触することが少なくなった二人ですが、仕事のお話は一番この二人で話し合うことが多いのです。

それが顕著にわかるのが2001年ツアー、このままじゃダメだ、という意識を二人が共通に持ち、嵐みんなに投げかけ毎晩コンサート終わりに会議したという事。

一緒に居たから意識が同じなのか、はたまた意識が同じだった為に一緒に居たのか、定かではありませんが仕事面では支え合い改善する、という様な方向に主に二人が表だって動いています。

コンサートの打ち合わせをスタッフさんと松本潤さんがしているとき、後で全員がその事柄を把握できるようにそっと近くにいる櫻井翔さん。

2009年のコンサートツアー、ナゴヤドームでのリハーサルにて櫻井翔さんが転落、骨折という事故に見舞われました。病院へと行った櫻井翔さん、松本潤さんはそれ以降何をするにも手がつかなかったと、メンバーさんに証言されています。

友人関係から信頼できるパートナーに変化していった様子が伺えます。

そんな、意識しすぎて逆に近づけなくなった、様な関係のお二人ですが30代に突入し、より柔らかな雰囲気で近くにいることも。

松本潤の希望で”サクラップ”再び!

櫻井翔ラップ

そして、櫻井翔さん松本潤さん”バンビズ”コンビにとっての朗報が2016年春に届きました。

松本潤さん主演ドラマ「99.9ー刑事専門弁護士ー」の主題歌「Daylight」 に櫻井翔さんのラップ詞が収録されることになったのです。

しかも、松本潤さんたっての希望で!

これは、これから披露される歌番組等でそのいきさつ、または櫻井翔さん松本潤さんお二人のエピソードが沢山聞けるのでは!?という期待が高まります。

16年以上、共に歩んできているお二人。

10代の蜜月期を過ごし20代の氷河期を経て30代再びお二人の蜜月期が来るのも、もう間近なのかもしれません。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。